Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://supersimplelearning.blog16.fc2.com/tb.php/29-3b0d29ca

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

子ども英語教室に適した音楽♪その2

Five characteristics of great songs for the children's EFL classroom - #2

#2 Comprehensible language
"The best methods are therefore those that supply 'comprehensible input' in low anxiety situations, containing messages that students really want to hear. These methods do not force early production in the second language, but allow students to produce when they are 'ready', recognizing that improvement comes from supplying communicative and comprehensible input, and not from forcing and correcting production." - Stephen Krashen

Choose songs which contain lyrics that children can understand and relate too. If the song has lyrics even a native English speaking child wouldn't really understand, it's definitely not going to work well with your EFL students. If you like a song but the lyrics are too difficult, make original lyrics!


子ども英語レッスンに適した音楽の5つの条件

その 2 わかりやすい言葉を使う

「子ども達に他言語を教える時は、わかりやすい言葉で指導する必要があります。子ども達が興味を持つ内容であること、分からなくて不安感を持たない事。子ども達が学ぶ準備ができた時、自然と理解し覚え始めます。教えようと情報を強要したり、訂正する事では上達は促せません。」ースティーブン クラッシェン

レッスンで使用する曲は、子ども達にとって、歌詞が身近でわかりやすい物を選びましょう。もし、英語圏の子どもでも分かりにくい歌詞ならば、EFLの子どもには向きません。歌詞が分かりにくいけれど、メロディーが好きという場合は、自分で歌詞を作ってしまいましょう。


Example song: ユーチューブ Open Shut Them
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://supersimplelearning.blog16.fc2.com/tb.php/29-3b0d29ca

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。