Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://supersimplelearning.blog16.fc2.com/tb.php/28-2a9b1db6

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

小学校英語指導者養成講座 レポート

去る7月17日に聖学院大学で開催された”小学校英語指導者養成講座”にSuper Simple Learning が初めて参加をさせて頂いたことは以前ご紹介しましたね。
今日は“音楽を使ったレッスンプラン”をテーマにデボンが行ったワークショップのミニレポートです。

先生達は最初、レッスンのアイデアを得ようと真剣なのですが、実際に体を使って生徒の役になっって参加をしていると、
知らないうちに自身が楽しくなっている姿を目にしました。
子ども向けのプランなので、子ども達が喜ぶのは実証済みなのですが、大人も楽しくなってしまうのが、デボンのワークショップの特徴かもしれません。

Work Shop @ Seigakuin 01

実際に行われたレッスンプランの一例をご紹介しますね。

”Super Simple Songs 2"に収録されている”Who Took The Cookies?”の曲を使ったプランです。
通常グループが対象です。(今回は4~5名が1グループになり行われました。)


Work Shop @ Seigakuin 03


まず、先生がフラッシュカードを配ります。
配られたカードの内、1枚だけクッキーの絵が書かれていて、その他は『Not me!』と書かれています。
曲に合わせて、”Who took the cookie form the cookie jar?"と歌いながら、
クッキーのカードを持っている人を当てていきます。
先生に当てられた人は自分のカードを見て、”Who me? Not me?”などと答えていきます。

とてもリズミカルな曲なので、一緒に歌っている間に簡単に覚えられます。
皆さんとっても楽しそうに笑いながら、歌っていました。

このプランで行った実際の授業風景もユーチューブ でご覧頂けます。



スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://supersimplelearning.blog16.fc2.com/tb.php/28-2a9b1db6

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。