Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://supersimplelearning.blog16.fc2.com/tb.php/27-85130597

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

子ども英語教室に適した音楽♪その1

Five characteristics of great songs for the children's EFL classroom - #1
#1 Appropriate pace
Many songs are too difficult for young learners to keep up with, especially when you add in the gestures that are so important (and fun!) in the EFL classroom. Choose songs that you, as an adult, can easily sing and dance to the first time you hear it. If you really like the song but it is too fast, sing the song without music and slow it down. Once a child is comfortable with the song, you can fun have speeding it up! Remember that even very basic songs like "Head, Shoulders, Knees, and Toes" or "Wheels on the Bus" can be discouraging to young children if they are sung too fast.

Example song: Head, Shoulders, Knees and Toes.


子ども英語レッスンに適した音楽の5つの条件

その1 適したスピード

小さな子ども達が一緒に歌えるテンポの歌を探すのは大変です。
語学学習に必要な楽しいジェスチャーを挟んでいくとなると、最適な歌を見つけるのはもっと難しくなりますね。

まず、大人が初めて聞いて歌って踊れるかどうかを確認してください。
とても良い曲で是非レッスンに使いたいけれども、ペースが速すぎるという場合は、
音楽をかけずに、ゆっくりアカペラで子ども達と一緒に歌います。

子ども達が慣れて来たら、どんどんスピードを上げていっても楽しいですね♪

"Head, Shoulders, Knees, and Toes" や "Wheels on the Bus"のような
簡単な歌でも、速すぎると子ども達が自信を無くしてしまう事もあります。

まずはゆっくりと導入することが大切です。

レッスン推奨曲
"Head, Shoulders, Knees, and Toes"
"Wheels on the Bus"
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://supersimplelearning.blog16.fc2.com/tb.php/27-85130597

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。